LOG IN

Free hand

by Soji Shirota

横浜・三ツ境にある癒しの美容室LotusHairDesignオーナー城田宗司のBLOG

毎日ブログ更新しています!
フォロー・ブックマーク
よろしくお願いします。

地域活性化プロジェクト
【tsugumi】

皆さんは何利きですか?

今日はふと思ったことをブログで
書いて見ます。

人間の利き手は3、4歳の時に決まると
言われています。

日本人はは右利きが多くその為か
右利きに“治す”と言う習慣が
あるんですよね。

そこに城田はいつも疑問があるんです。

なぜ右利きに治すのか?

それは、ドアノブの配置や改札機、
自動販売機の硬貨入口など、
世の中の作りが右利き仕様になっている為不便になるからだろうか?

見る人によっては“左利き”は良い教育を
受けてこなかったとおもわれるからだろうか?

城田は左利き

昔はそんな風習から強制的に治されてきた“左利き”

左利きの人の割合は、世界で10%前後

なぜ自分が左利きだったのかは自分でも
わかりません、気がついたら好んで左を
使ってたんです。

もちろん右利き用の世の中不便なことも
ありましたが、慣れればなんて事はなく
頭を少しひねれば良いだけのことなんです。

今まで出会った人にも
「どういう教育されてきたの?」っと
注意を受けることもなかった。

むしろ今では左利きを治そうとしなかった親に感謝してるんでしょね。
(一生懸命治したのかな?w)

美容師としては?

当初、美容師を目指し“左利きは”とても
不利でした。

東京で一番になる!っと言う夢を抱き
サロンに勤務し技術を教わる中で
教えてくれる先輩方が“右利き”だった為、
左利きの人への教え方がわからなかった
のです。

簡単な技術でも左に置き換え考えると言う作業が必要、そもそも左利きの道具は
右利き用より割高でアシスタント時代にはお金の面でもリスクだったんです。

って言う事で、城田は何を目指したかと
言うと!

“両利き”

一番を目指すためには右利きになるだけではなく、生まれ持った左利きも育てる。

せっかく作りの違わない両手を持って
生まれたのだから同じように使うべきだと考えたのです。

なんでも克服すれば苦手意識は消え、
それは自分の個性や特技に変わる。

そんなふうに思ったんですよね。

左利きのメリット

10%しかいない左利き、
スポーツの世界でも重宝されます。

左利きだからこそできるテクニックや
戦術、そもそもプロの世界では“両利き”の
人はたくさんいて、そのトレーニングを
してきてるんですよね。

そんな城田も、ボールを投げたり、
蹴ったりは“両利き”
学生時代は即レギュラーに選ばれ
活躍できました。

美容師としてもハサミは右でカットする
ものの、ブローやワインディング、
カラーリング、アイロンテクニック全てが両方使えます。

手の可動域を最大限に使用し、左右対称に作ることがとても簡単に出来るのです。

お客様にも初めて触れる、行うテクニックは“両利き”を進めています。
右で慣れる前に両方使うことに慣れてもらうのです。その方が左右対称に仕上げることが簡単になるんです。

利き手と脳の使い方

右利きの方は左脳を使う。

そう言う話は有名で、“文字を書く”などの
行動は一般的に左脳によって行われます。

つまり、左脳が文字を書く行動を支持することで右手が機能するのです。

しかし左利きの人は右脳と左脳が逆にあると言う説があり、その為左手で文字を書くと言われているんです。

結果、右手に治すっと言う事はその人の
能力を低下させてしまうことにもなり
得ないんです。

結果、左利きを右利きに治すと言うことよりも使っていない逆手を使うように育てる。

その方が人が人らしく、そして無限の可能性を開花できるのではないでしょうか?

皆さんの利き手じゃない手は
動きたがっていませんか?w

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

LotusHairDesign
〒246-0022
横浜市瀬谷区三ツ境10-3.2F
TEL 0454449353
定休日:毎週火曜日・第1、3水曜日
オフィシャルサイト

Lotusオフィシャルインスタグラム
絶賛毎日更新中
是非フォローお願いします!
lotushairdesign0411


Soji Shirota
OTHER SNAPS