LOG IN

Appreciation

by Soji Shirota

横浜・三ツ境にある癒しの美容室LotusHairDesignオーナー城田宗司のBLOG

毎日ブログ更新しています!

フォロー・ブックマーク

よろしくお願いします。

感謝

おはようございます!

昨日はなんか、そんなに、

暑くなかったと思いませんか?

連日の猛暑のお陰なのか、

昨日は少し楽に感じたように思えたし、

客様が多かった気がします。

でも、気温30度湿度90%

だったんですよねぇ〜!

日が暮れると快適に思えたぐらいでした。

慣れるとこうも違うんですよねぇ〜、

少し前、初夏を感じてた20度後半で

暑い暑い言ってたのに、30度で快適って

思えてる。

なんか、人生も一緒だなぁw

今より努力重ねないと、

その今をいつも大変だと思ってしまう。

少しだけ努力を大きくすると、

以前の今が楽に感じる。

そんなもんですよねぇ〜w

美容師をしていると、お客様の男女比率ってやはり女性が多く、最近は男性も美容室を利用はしているものの基本は女性のお客様が多い。

そんな中、会話でよく話すジャンルベスト3

あえて順位はつけませんがこの3つのジャンルが多いかもしれません。

最近では美容の話をする事が多かったのですが、30代の頃は愚痴を聞くことが多かった、

相談とか異性や家族の愚痴だったり。

いくつになっても人の悪口は聞いててあまり

気分は良くないですが、愚痴を聞くっていう事がお客様のストレス発散になれば聞くことは

全然苦になりません。

勿論、否定も肯定もできませんが(笑)

その中で、人として、男として、彼として、

旦那としてって自然と学べたりもします。

〝これがやなんだよねぇ〜!〟

〝こうして欲しいだよね〜!〟

この愚痴から知れる要求を逆に

自分の実生活で行ってみるとどうなるか。

感謝に変わる。

美容師だからこその情報だけに、

人が、女性が嫌がる事、求めてる事を

思う前にやってあげると喜ばれるし、

争いが起こらない。

全ての要求に応えられるわけじゃないけど、

やれる時にそれを生かす。

そんな事を美容師をやってると教わります。(家族はそう思ってるかわかりませんがw)

愚痴から起こる要求や欲求、

人の感情の端っこってある意味

逆のヒントが隠れてたりするんですよね。

しかし、男女関係にしても、

家族関係にしても、職場もそうかな?

要求や欲求に答えてあげたいって人と

見て見ぬ振りしたくなる人っていますよね。

それは相手の態度だったり意識だったり、

自分だけが頑張ってるって思ってる人には

なかなか答えてもらえない…

そんな気がします。

“見返りを求めない行動”

そんな気持ちが感謝を生み、

人の行為を受けやすいそんなふうに

思っています。

がしかし…それがとても難しい(汗)

最後まで読んでいただき

ありがとうございます!

OTHER SNAPS