LOG IN

party

by Soji Shirota

横浜・三ツ境にある癒しの美容室LotusHairDesignオーナー城田宗司のBLOG

フォロー・ブックマーク

よろしくお願いします。

鉢洗い

今日も暑い中たくさんのご来店

ありがとうございました。

昨日の夕方は秋を感じたのに、

今日の日中はまだまだ夏日和。

みなさん体調にはくれぐれも

気を付けてくださいね。

さて、今夜は先日行われた

“白姫祭り”の打ち上げ

祭りの準備と言っても1、2日で

開催できるわけじゃないんですよね。

春先ぐらいから運営人は何度も会合をし

祭りの準備をしているんです。

祭り内のイベント企画や運営方法、道路申請や露店申請など運営陣は自分の仕事をしながらも準備していきます。

子どもの頃は当たり前に会った祭りもたくさんの大人たちによって開催することが出来てたんだと知る経験にもなります。

そして無事に怪我やトラブルなど問題もなく

幕を閉じることが出来た白姫祭り。

その労をねぎらう打ち上げが今夜ありました。

その名も・・・

“鉢洗い”

みなさん、この言葉知ってましたか?

祭り人は皆知っている言葉で、自分もこの地元イベントに参加することで知ることが出来ました。

“祭礼の打ち上げ会・反省会。「祭礼の終了後にお神酒やお供えを盛るために使用した什器=『鉢』を洗い片付ける」というのがその語源”

顔馴染みの仲間でおいしい料理とお酒を囲み、祭りの達成感を分かち合う。

時には次回につなげる反省や新しい発想からの企画案なんかも話題に!

“街を盛り上げる”

地域貢献っていう言葉が当たり前になり、

企業やその街の商店などやるべき活動に

なりつつある現在。

しかし、簡単なモノじゃないんです。

自分の会社やお店だけでも忙しく送る中、

時間を割いてそういう活動に参加する。

会社の社員やスタッフ、家族も活動内容を

知らないかったりすると「また会合!?」

みたいに思われるかもしれない。

時には反感も買うこともあるかもしれない。

(実際に言われるメンバーもしばしば)

必要な行事が継続してある為には

誰かがそれに尽力を注ぐ。

自分が幼少期の思い出となった事を

当たり前の事として残してあげたい、

“自分の楽しい思い出だったから”

その思い出を持ってる有志が集まり行動して

開催される“白姫祭り”

開会のあいさつは白姫祭り実行委員長、

松美屋の親方・小山さん

宴のスタートを切る“乾杯のあいさつ”は

三ツ境南口商店会会長兼、町内会会長の

城田三起三さん

(自分の父ですw)

みんな笑顔で幕を閉じた“白姫祭り鉢洗い”

来年はもっともっと盛り上げるように

がんばりますっ!

って!すでに10月ハロウィンイベントが

忙しいぃ模様!!!

そちらも是非お楽しみにwww

OTHER SNAPS